笑顔の女性

若々しくハリや弾力のある肌は、それだけで年齢を感じさせず美しく見えます。
しかし、年齢と共にそれらは失われ、目元や口元、頬がたるみ、指先で押しても跳ね返るような弾力は感じられなくなっていきます。
その原因は、年齢と共に失われていく「コラーゲン」や「エラスチン」といったハリ成分の減少にあります。
これらの成分は人が生まれ持っている成分であり、一番多くお肌の中に存在しているのは赤ちゃんの時です。
つまり、年齢を重ねていくにつれ、これらの成分は少しずつ失われていっているのです。
そして、20代後半から30代を境に、これらの成分はスピードを増して失われていきます。
これは、肌の中の水分保持力が弱まるために、「コラーゲン」などの成分が生成されにくくなり、減少の一途を辿ってしまうからです。
「コラーゲン」や「エラスチン」といった成分は、たっぷりの水分がある環境で生成され、成長していきます。
お肌の水分保持力が弱まると、肌の中の水分量が減り、こられの成分が成長できなくなるのです。
その結果、お肌にはハリや弾力が失われ、シワやたるみが発生してしまうのです。

お肌の水分保持力が弱まると、「コラーゲン」などが生成されにくくなり、シワやたみるが発生していきます。
そのような症状が視覚化され始めてきて、やっとエイジングケアを始めるという人も少なくありません。
しかし、シワやたるみが既に発生してしまっている状態からエイジングケアを始めていては、お肌の水分が失われていくスピードには追いつけず、なかなか改善が見られません。
様々な化粧品を試してみたり、高級な化粧品を試してみても効果を実感できないのはそのためです。
エイジングケアは、シワやたるみが視覚化される前から始めるのが最も効果的です。
できれば20代のうちから始めるのが理想的と言えます。
とは言っても、40代の人と20代の人が同じアイテムでケアをするというわけではありません。
20代の人は、比較的お肌の水分保持力が高めなので、それを維持するために、ある程度保湿を欠かさないようにすることが望ましいです。
対し、40代の人は常に水分が失われやすい状態にあるので、たっぷりと水分を与えることに重点を置いてケアすることが必要になります。
早いうちから保湿に重点を置いたケアをしていれば、美肌を保つことはそう難しくはないのです。

ではどのような成分が高い保湿力を有しているのでしょうか。
一般的に広く知られているのは、1グラムで6リットルもの水分を持つことのできる「ヒアルロン酸」や、人の肌の細胞によく似た「セラミド」といった成分です。
「ヒアルロン酸」は割と多くの化粧品に配合されていますが、「セラミド」はその配合率によって段階が1から3と分けられています。
「セラミド1」が一番多く配合されている割合で、多くの製品の場合、この「セラミド1」が配合されていると高級なものになります。
しかし、スキンケアにそれ程お金をかけていられないというのも多くの人の悩みです。「セラミド」に代わるような保湿力の高い成分は他にないのでしょうか。
ここ数年で注目度が上がった成分の一つに、「ローヤルゼリー」が挙げられます。
「ローヤルゼリー」や「ハチミツ」などの成分には、ビタミン類やアミノ酸などの成分も豊富に含まれています。特にアミノ酸は人の肌に近い成分でもあるので、とても馴染みやすく吸収率が良くなります。
お肌に潤いが足りないと感じる時は、「ヒアルロン酸」などの保湿成分と併せて「ローヤルゼリー」なども摂ると効果的です。

オススメリンク

簡単に購入ができる

ハリ対策ができる化粧品はいろいろな商品が販売されています。
金額は商品によって違いがありますが、手頃な金額で購入することができます。
値段が手頃ですので、コストをかけずにエイジンRead more

多方面の取組

さて男性ももちろんそうですが女性の多くは年はとりたくないと誰もが願うことだと思います。
健康面でももちろんそうですが特に女性にとってみれば美容面、特にお肌のケアにおいてはエイジングケアをRead more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031